胃腸の病気「胃腸炎」について

胃腸が弱く困っている皆さまへ。 当サイトでは、胃腸を強くするためのノウハウやサプリメントをご紹介しています。ぜひ、参考にしていただけると幸いです。

胃腸の病気「胃腸炎」について

胃腸の病気「胃腸炎」について胃腸の病気にはさまざまなものがありますが、よく知られているのが「胃腸炎」という疾患です。

 

比較的軽いイメージがあるかもしれませんが、非常につらい症状があらわれる病気であり、決して軽い病気ではございません

 

とくに長期にわたって下痢や吐き気といった症状が続いたり、発熱や疲労がある場合には胃腸炎を発症している可能性もあります。

 

下痢の症状などは一時的に起こるトラブルでもありますが、あまりに長く続く場合や他の症状を併発しているようなら、胃腸炎を疑ってください。

 

胃腸炎を発症する原因ですが、いわゆる感染症にあたります。「感染性胃腸炎」といって、「ノロウイルス・ロタウイルス・アデノウイルス」といったウイルス感染によって胃腸に炎症が起きてしまいます。下痢をはじめとするつらい症状が特徴です。

 

感染するウイルスについては年代でも違いがあります。一般的に、ロタウイルスやアデノウイルスの場合は、赤ちゃんや2歳未満の幼児に多いとされており、めったに大人は感染するウイルスではないとされています。

 

しかしいずれにしても感染したら、ウイルスを死滅させるなどの治療が必須になります。日ごろから感染しないように気を付けること、とくに夏など感染が流行する時期には注意してください。そして、もしも症状がみられる場合には、早めに病院で診察を受けて適切な治療をはじめるようにしてください。