アトピーと胃腸は関係がある?

胃腸が弱く困っている皆さまへ。 当サイトでは、胃腸を強くするためのノウハウやサプリメントをご紹介しています。ぜひ、参考にしていただけると幸いです。

アトピーと胃腸は関係がある?

アトピーと胃腸は関係がある?アトピー性皮膚炎(以下、アトピー)は、つらい症状が皮膚にあらわれる皮膚疾患です。主な症状は「かゆみ」です。

 

我慢できないほどのかゆみの症状もあり、ついうっかり掻いてしまうと、さらに皮膚状態は悪化してしまいます。

 

炎症が起きてカサカサに乾燥したり、うんで腫れや赤み、熱を帯びることもあります。

 

このようなアトピーの症状は治療法があり、ステロイド剤などを用いて治療していくことができます。しかしながら、これは対症療法であるため、根本的なアトピーの治療ではありません。

 

そもそも、アトピーは免疫異常による症状として考えられており、根本的な治療に関しては、免疫力の強化など、体のケアが必要になってきます。つまり、生活習慣を見直して、独自に改善していくことが必要になります。

 

そして、アトピーと「胃腸」は実は関係しています。胃腸の調子が悪く、機能が低下している人はアトピーの症状が出やすく、また免疫力が低下しているので病気にかかりやすいと考えられます。

 

なぜかというと、胃腸に免疫細胞が多く存在するからです。胃腸といっても、腸内に免疫細胞が集中しています。昨今、免疫強化に腸内を良くしたり、乳酸菌が注目されているのもそのためです。

 

胃腸の調子を高めることを意識すると、自然と免疫細胞も強化できるため、免疫異常であるアトピーの根本的な改善につながります。アトピーに限らず、風邪などの免疫力の低下が招く感染症の類の予防にもなります。