胃腸が弱い人におすすめの胃腸炎サプリメントはコレ!

胃腸が弱く困っている皆さまへ。 当サイトでは、胃腸を強くするためのノウハウやサプリメントをご紹介しています。ぜひ、参考にしていただけると幸いです。

胃腸が弱い…←この悩みを解決!胃腸を強くするサプリ

胃腸が弱い人におすすめの胃腸炎サプリメントはコレ!胃腸が弱く困っている皆さまへ。当サイトでは、胃腸を強くするためのノウハウやサプリメントをご紹介しています。ぜひ、参考にしていただけると幸いです。

 

まずはじめに・・・。

 

私たちの生命活動において、食べ物から栄養かカロリーをとりエネルギーを作ることが不可欠です。

 

エネルギーに変えるためには、消化器官の機能も重要になります。すべてが健康的かつ順調に進まないと、体の不調を招く起因になります。

 

胃腸というのは重要な役割をになっている部分です。食べ物の栄養吸収や胃酸による細菌の殺菌などなど。健康な体を維持するために必要な働きがあります。

 

しかし、バランスの乱れた食生活など不規則な生活を送ることにより、機能が低下してしまいます。この結果、胃腸が弱いという状態に陥り、さまざまな不調を招くことになります。

 

胃腸が弱いと感じている方は、胃腸を強くする栄養を積極的に補いましょう。胃を強化するブロッコリー・モロヘイヤを含む青汁などもおすすめです。忙しい毎日の中で、栄養補助になるサプリメントも取り入れると、効率よく栄養補給になります。

胃腸を強くするサプリ ランキング

幸健生彩


幸健生彩は、あの有名な養命酒の研究と生薬や漢方の知識によって開発されたサプリメントになります。


血行不良や冷え性に良いとして知られる養命酒に含まれる6種類の生薬、それにビタミンB2やビタミンB6、タウリンなどを配合しています。


アルコールを含んでいないため、お酒が飲めない方、よく車の運転をされる方、妊娠中・授乳中の方にもご利用いただけます。タブレットタイプで飲みやすく、続けやすいところも人気です。


価格 ¥4,410
成分 6種の生薬・ビタミンB2・ビタミンB6・タウリン

公式サイトへ

イツラック


イツラックは、胃の悩みを感じている方におすすめの自然生薬系のサプリメントです。


現在では乱れた食生活の影響などにより胃腸の不快感を訴える方が多くいらっしゃいます。


その痛みなどを和らげる桂皮や丁字、ウイキョウといった生薬をブレンド。指定医薬部外品なので安心してご利用いただけますし、飲みやすい形状で初心者にもおすすめです。


価格 ¥2,980
成分 桂皮・丁字・ウイキョウ

公式サイトへ

粒マヌカ


粒マヌカは、今話題のマヌカハニーが手軽にとれるサプリメントです。
マヌカハニーは貴重な素材で、ニュージーランドでしか採取されません。その素材には、はちみつに比べて約8倍もの抗菌力があるなど、健康にいいことから注目を集めています。


粒マヌカでは、貴重なマヌカに加え、ラクトフェリンや植物性乳酸菌など胃腸の強化に嬉しい成分を多数ブレンドしています。これらの力が相乗し、胃腸のむかつきやキリキリといった胃腸の不調対策をサポート


国内工場で製造されていることや85パーセント以上が自然素材であることから安全性でも高い評価を得ています。


価格 ¥2,980
成分 マヌカハニー・ラクトフェリン・植物性乳酸菌

公式サイトへ

胃腸が弱いことは「自律神経」と関係している?

胃腸が弱い人におすすめの胃腸炎サプリメントはコレ!私たちの体は各臓器が正常に機能を果たして、健康が維持されています。臓器や機能の働きにかかわっている神経を「自律神経」と言います。

 

自律神経とは、交感神経と副交感神経からなる神経のことです。体温調節や血圧の調整、各臓器の働きに関与しているのですが、交感神経と副交感神経のバランスが乱れて自律神経が崩れたとき、それらの機能にも影響をおよぼしてしまいます

 

交感神経が優位になるタイミングと副交感神経が優位になるタイミングが1日のうちにあり、そのタイミングがずれたときに体に不調が起こるのです。しかも、自律神経は自己コントロールができません。

 

生活習慣次第で簡単に乱れてしまう部分でありながら、デリケートなのです。

 

そして、この自律神経は胃腸の強さともかかわっています。交感神経は臓器の働きなどを活発にさせ、副交感神経はリラックスに関与しています。

 

たとえば、もしも交感神経が優位にたつことが増えてバランスが乱れると、胃の働きが鈍くなるため、消化活動に影響してしまいます。その結果、”胃もたれ”という症状を引き起こしやすくなります

 

反対に、副交感神経が異常に優位になると、胃液の分泌が過多することにより、”胃の痛み、胃粘膜の荒れ”という症状の元になります。

 

胃腸の病気である「過敏性腸症候群」や「機能性ディスペプシア」といった症状に関しては、ストレスとの関係性も指摘されており、自律神経と密接に関わっていると考えられます。

 

胃腸が弱いと感じている場合、胃腸を強化することが重要になりますが、その際には自律神経についても考えてみてください。

胃腸の不調を回避するためには

胃腸が弱いと感じている方は、常日頃から頻繁に不調を感じているのではないでしょうか。

 

  • 胃のむかつき
  • 胃の痛み
  • 胃腸の不快感
  • 胃もたれ
  • 食欲不振
  • 便秘、下痢

 

などなど。

 

このような不調が起こると日常生活に支障を感じるものです。なんとか、回避したいトラブルですよね。そのためにはまず、胃腸の不調が起こる原因を知ることが重要になります。

 

原因はいくつもありますが、まずひとつは「暴飲暴食」です。ストレスによる過食やお酒の飲みすぎ、暴飲暴食をしてしまうと胃腸に負担をかけてしまい、胃もたれや食欲不振をはじめとする不調を起こしてしまいます。

 

一度に食べすぎたり飲みすぎない場合でも、脂っこい食事を多く食べたり、続いたときにも同様に胃腸の不調の原因になります。また、水分不足や偏った食生活も原因になり、下痢と便秘を平行して引き起こすというようなトラブルを招きます

 

そして、「ストレス」という点にも注目です。ストレスが原因で暴飲暴食をし、間接的に胃腸の不調を引き起こすケースもありますし、自律神経を崩してしまい胃腸の機能に影響して、胃腸にトラブルが発生することもあります。

 

以上の2点から、食生活とストレスについて見直していくことが、胃腸の不調回避になります。なお、細菌・ウイルスの感染症によって胃腸の不調を招くこともあります。手洗いうがいなど徹底的に衛生面も整えていきましょう。

胃腸の調子と「舌苔」の関係とは?

胃腸が弱い人におすすめの胃腸炎サプリメントはコレ!胃腸が弱いと感じている方は、今一度ご自身の舌を鏡でチェックしてみてください。実は、胃腸の調子というのは「舌」にあらわれ、舌のコンディションで調子がわかると言われています。

 

「舌苔」という、舌の表面に白っぽい物質が付着してる状態は、胃腸の調子が良くない状態となります。鏡でチェックしてみて、いかがでしょうか。

 

舌苔は、舌の表面の硬化した角質の隙間に、汚れや細菌が溜まったものであるため、このことからお分かりのように、体に良くない状態です。唾液が不十分なときにこの物質がつきやすく、胃腸にも負担をかけてしまっています

 

要するに、胃腸と舌苔の共通点は「唾液」です。お腹が空いたり、おいしいそうなものを見たときに、よだれが出そうというように、唾液が出るメカニズムになっています。これはそのあと食べたものを消化するために、胃腸が準備している段階のひとつです。

 

反対に、お腹が満たされるほど唾液の量は減っていきます。もしこのタイミングで食べ過ぎたり、もともと唾液量が少ないと、消化酵素の働きも低下して消化機能も悪くなるので、胃腸にも負担をかけてしまうのです。この結果、舌苔という状態が舌に見え隠れします。

 

もし、舌の状態をチェックしてこのような状態ならば、胃腸の調子を整えるようにしましょう。舌苔になると口臭の元にもなりますが、この場合は体の中に問題があります。口内ケアではなく、胃腸から見直すことがとても大切です。

胃腸を強化するためには

胃腸が弱い人におすすめの胃腸炎サプリメントはコレ!胃もたれや胃のむかつきなど、不調を感じる方は「胃腸が弱いから」と体質的な問題と片付けていませんか。たとえば、お酒が飲めない人は酵素が少ないなどの体質要素があります。

 

しかし、胃腸の弱さについては改善することが可能です。胃腸お強化することで、これまでに繰り返してきたような不調を防ぎ、健康的な状態を維持することができます。

 

もちろん、体質的な部分はあるものの、他の原因であることも多いので、体の調子は整えられます。

 

まずひとつは、食事の見直しです。食事内容では胃腸に負担をかけないものをメインに、胃腸を強くする食べ物を取り入れてみてください。内容だけでなく、食べ方などにもコツがあります。バランスのいい食事をしっかり噛んで食べることも大切です。

 

咀嚼することにより、消化活動を含む胃腸の働きに負担をかけずに済みますので、トラブル回避になります。

 

次に、食べ物や飲み物の温度です。私たちの臓器は体温が高いと活発に働くので、冷たいものを頻繁に摂取していると胃腸も冷えてしまい、活動に影響してしまいます。これを防ぐためにも、体を冷やさないためにも、なるべく常温から温かいものを摂るようにしましょう。

 

夏場など暑い日も、つい冷たいものを食べすぎないように注意して、水分補給は常温のものをとるようにしてください。

 

食生活の他に生活習慣で見直したいのが、睡眠についてです。現在は睡眠不足など睡眠障害を抱えている人が増えています。その睡眠状態も胃腸に影響します。十分な睡眠時間を確保し、良質な睡眠をとるようにしてください。

 

人は寝ている間に臓器も休息をとるため、しっかり休まないと胃腸も傷んだ部分を修復させることができません。疲れをオフにするためにも、休息とるようにしましょう。

 

また、意外かもしれませんが、胃腸と筋肉は関係しています。筋肉を鍛えて強化することは、実は胃腸の強化にもなります。適度な運動を習慣にして、筋肉が落ちないように鍛えると、健康状態の維持にもなります。

もし胃腸炎になってしまったら

胃腸が弱い人におすすめの胃腸炎サプリメントはコレ!胃腸のトラブルとしてよく知られているのが「胃腸炎」ではないでしょうか。胃腸炎とは、胃壁や粘膜に炎症が起きている状態をさします。炎症しているため、それが原因でさまざまな不調を起こしてしまいます。

 

炎症による不調を抑えるには、根本にある炎症を治すことが最優先されます。炎症が治らない限り、症状も繰り返し起こってしまいますから。

 

胃壁や粘膜など炎症している部分を治療している最中、また炎症が起きたあとは胃腸の胃壁や粘膜を強化するためのケアが大切になります。ケアをすることによって、今現在の状態を回復させながら、今後の炎症予防になります。

 

労わるという意味で重要になるのが、ずばり、食生活です。よく噛んで食べること、バランスよく食べること、食べ過ぎないことを前提におきながら、胃壁や粘膜を作るために必要な「タンパク質」を積極的に摂るようにしましょう。

 

ただし、タンパク質を含む食べ物にもいろいろとありますから、その食材選びが重要になります。

 

たとえば、タンパク質が摂れるからといって肉類の食べ過ぎは反対に胃腸の負担になり、不調を起こしやすい状態を作る原因になってしまいます。

 

胃腸炎対策のために取り入れたいのが、大豆です。いわゆる植物性タンパク質であり、大豆は畑の肉とたとえられるほど、豊富に良質なタンパク質を含んでいます。

 

ただ大豆もそのままでは、殻などが消化不十分になりやすいので、消化に良い大豆製品を選びましょう。おすすめは「豆腐」や「豆乳」です。これらの大豆製品は消化に良いので胃腸に余計な負担をかけませんし、やさしく良質なタンパク質を摂れる食材です。

 

また、胃腸炎を起こしているときには、食べてはいけないものにも気を付けてください。乳製品は胃腸炎に良いと言われていますが、脂質の高いチーズやヨーグルトなどの類は控えることをおすすめします。

胃出分泌される胃酸について

胃腸が弱い人におすすめの胃腸炎サプリメントはコレ!胃腸が弱いことから、胃のむかつきや痛み、食欲不振などさまざまな不調が起こります。これらのつらい経験をされたことはないでしょうか。

 

胃腸は強化できるものですが、その前に、胃腸の機能や働きについておさらいしましょう。多くの方がご存知の通り、消火活動などを行う器官ですが、さまざまな役割をになっている重要な臓器になります。

 

まず、胃の中では、食べ物の消化活動が行われています。胃酸を分泌することにより、食べ物を消化する仕組みになっています。この胃酸というのは、1日に1〜3リットルほど分泌されるものを言います。

 

タンパク質の分解酵素のペプシンと胃酸、粘液から成っており、とても強い溶解能力のある塩酸であるため、食べ物をしっかりと消化して栄養吸収をサポートします。

 

同時に、食べ物に付着していた雑菌を殺菌する力があるため、胃酸が適切に分泌されていると、体内に入る余計な侵入物を防ぐことができます。

 

ちなみに胃酸には「pH値」という数値があり、この数値が適切であることが大前提とされています。消化酵素の値がもし低下していると、それは消化不良などの原因になります。胃酸自体が不足することによっても胃腸に大きな負担になります。

 

つまり、胃酸の分泌量なども胃腸の状態に関わってきます。ですから、胃腸を強化するにあたり、胃酸の量や質も見直しましょう

 

もし胃酸不足になると、「逆流性食道炎」といった疾患を引き起こしかねないのでご注意ください。胃酸はストレスなどの影響も受けやすいので、生活習慣を規則正しくしたうえで、体の調子を整えることが大切です。

最後に「胃腸」のまとめ

胃腸が弱い人におすすめの胃腸炎サプリメントはコレ!胃腸とは、「胃」と「腸」の総称ですが、それぞれ独立した臓器であることを理解しておきましょう。密接に関係しているため、このように一くくりに表現されることが多いですが、各々が重要な働きを担っており具体的に働きには違いがあります

 

胃腸の共通点は「自律神経」という部分です。交感神経と副交感神経がそれぞれバランスを保って成り立つ自律神経が、胃腸それぞれの働きをコントロールしています。

 

しかし、ストレスや睡眠不足など不規則な生活習慣によって、いとも簡単に自律神経は乱れてしまいます。その結果、胃腸の働きにも影響が及び、コントロールできない部分で胃腸の機能が低下してしまい、不快な症状を引き起こしてしまいます。

 

胃のむかつきや痛み、食欲不振、便秘や下痢、炎症など。

 

この不調においても、胃腸はそれぞれ異なる臓器であるため、どちらに問題があるかで疾患や症状に違いがあります。そのため、どちらに異常があるかをまずは検査などで調べ、ご自身の状態を正確に把握することがとても重要です。

 

たとえば、胃腸の疾患の一例をあげると、「食道炎」や「消化性潰瘍」といったものがあります。それぞれ、便秘と胃痛の症状がみられ、病院では細菌の感染などについて調べます。

 

がんの可能性も視野に入れて検査を行うことになります。このように、病気の可能性が疑われるので、不調が起きたらまずは病院で検査を受けることが重要です。

 

何の異常も見つからず、症状だけあらわれている場合は、機能性消化管障害と診断されるのですが、過敏性腸症候群や慢性胃炎神経性胃炎といった疾患の総称になります。ストレスが主な原因と考えられているため、ストレス対策が不調を繰り返さないための今後のケア方法になります。

 

胃腸が正常に働いてこそ私たちの体は健康状態が保たれます。全身の健康を維持するためにも、胃腸が弱いと感じている方は強化していき、強い状態を保つように努力しましょう。